今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月1~14日/グラスコート)の大会7日目、ジュニアの部の本戦2日目は男女シングルス1回戦残り試合が行われた。

 女子の日本勢は川口夏実(日本)と光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)が出場しており、第6シードの川口がアレクサンドラ・ベシッチ(ドイツ)を6-1 5-7 6-4で、予選を勝ち上がった光崎は第8シードのアリナ・カラエワ(ロシア)を6-2 6-3で破って勝ち上がった。

 グランドスラム・ジュニアに3度目の参戦となる光崎は、2度目の本戦で単複を通しての初勝利を挙げた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

ジュニア女子シングルス1回戦|日本人選手

○16川口夏実(日本)[6] 6-1 5-7 6-4 ●15アレクサンドラ・ベシッチ(ドイツ)

○31光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)[Q] 6-2 6-3 ●32アリナ・カラエワ(ロシア)[8]

ジュニア女子シングルス2回戦 組み合わせ|日本人選手

16川口夏実(日本)[6] vs 14マルティナ・クブカ(ポーランド)[Q]

31光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)[Q] vs 30ロビン・モントゴメリー(アメリカ)

ジュニア女子ダブルス1回戦 組み合わせ|日本人選手

9川口夏実/アドリエン・ナギー(日本/ハンガリー)[3] vs 10キャロル・モネ/ホン イ コディ・ウォン(フランス/香港)

13光崎楓奈/アマリッサ キアーラ・トス(h2エリートテニスアカデミー/ハンガリー)vs 14メル エリザベス・レアスコ ゴンサレス/アントニア・サムディオ(エクアドル/コロンビア)

画像: 川口夏実(日本)(撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA)

川口夏実(日本)(撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA)

※写真は光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.