ATPツアー公式戦の「プラバ・ラグナ・クロアチア・オープン・ウマグ」(ATP250/クロアチア・ウマグ/7月15~21日/賞金総額58万6140ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝が行われ、第4シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)と予選勝者のアティラ・バラズ(ハンガリー)が決勝に勝ち進んだ。

 バラズが第3シードのラスロ・ジェレ(セルビア)を6-2 6-4で下し、ラヨビッチは第1セットを7-5で先取したあと予選勝者のサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)が棄権したため勝ち上がった。

 4月のモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)以来となる決勝に臨む29歳のラヨビッチは、シングルスでのATPツアー初タイトルを目指している。ダブルスでのラヨビッチは、ラドゥ・アルボット(モルドバ)とのコンビで2015年5月にイスタンブール(ATP250/クレーコート)で1勝を挙げている。

 世界ランクの自己最高が153位でグランドスラム本戦出場経験のない30歳のバラズは、2012年4月のブカレスト(ATP250/クレーコート)でのベスト4が過去のツアーでの最高成績だった。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、2勝1敗でバラズがリード。前回の対戦は2017年4月のブダペスト(ATP250/クレーコート)の予選で、バラズが6-1 1-6 6-4で勝っている。

※写真はローマの大会でのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)
ROME, ITALY - MAY 12: Dusan Lajovic of Serbia plays a forehand in the final qualifying round against Dan Evans of Great Britain during day one of the Internazionali BNL d'Italia at Foro Italico May 12, 2019 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.