ATPツアー公式戦の「J.SAFRA SARASINスイス・オープン・グスタード」(ATP250/スイス・グスタード/7月22~28日/賞金総額58万6140ユーロ/クレーコート)のシングルス準々決勝が行われ、第5シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)、第7シードのパブロ・アンドゥハル(スペイン)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)の3人が準決勝に勝ち進んだ。

2019年ATPツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 ソウザが第1シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を4-6 6-3 7-5で、アンドゥハルが第3シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を7-6(4) 6-4で、ラモス ビノラスは第6シードのロベルト・カルバレス バエナ(スペイン)を6-2 6-1で破っての勝ち上がり。

 トーマス・ファビアーノ(イタリア)とセドリック マルセル・ステッベ(ドイツ)の試合は、雨天より翌日に順延となった。

 準決勝では、ソウザがファビアーノとステッベの勝者と、アンドゥハルはラモス ビノラスと対戦する。

※写真はローマの大会でのジョアン・ソウザ(ポルトガル)
ROME, ITALY - MAY 14: Joao Sousa of Portugal plays a forehand against Frances Tiafoe of the United States in their first round match during day three of the International BNL d'Italia at Foro Italico on May 14, 2019 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.