ATPツアー公式戦の「アビエルト・メキシカーノ・デ・テニス・ミフェル」(ATP250/メキシコ・ロス カボス/7月29日~8月3日/賞金総額85万8565ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝が行われ、第2シードのギド・ペラ(アルゼンチン)、第3シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、第5シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)、第7シードのラドゥ・アルボット(モルドバ)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

2019年ATPツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 ペラが予選勝者のクォン・スンウ(韓国)を4-6 6-1 6-2で、シュワルツマンが第8シードのミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-1 6-2で、フリッツが第1シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-1 7-6(1)で、アルボットはワイルドカード(主催者推薦枠)のタナシ・コキナキス(オーストラリア)を6-3 6-3で破っての勝ち上がり。

 フォニーニは昨年の大会で優勝し、ハードコートでの初タイトルを獲得していた。

 準決勝では、ペラがシュワルツマンと、フリッツはアルボットと対戦する。

※写真はローマの大会でのファビオ・フォニーニ(イタリア)
ROME, ITALY - MAY 13: Fabio Fognini of Italy plays a backhand against Jo-Wilfried Tsonga of France in their first round match during day two of the International BNL d'Italia at Foro Italico on May 13, 2019 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.