•  WTAツアー公式戦の「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」(WTAプレミア/アメリカ・カリフォルニア州サンノゼ/7月29日~8月4日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)のダブルス決勝で、青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(日本)は第1シードのニコール・メリカ(アメリカ)/クベタ・ペシュク(チェコ)に4-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間15分。

     21歳の柴原がWTAツアー決勝の舞台に立ったのは、ヘイリー・カーター(アメリカ)と組んで準優勝だった4月のボゴタ(WTAインターナショナル/クレーコート)に続いて2度目だった。

    WTAツアー2019(サンノゼ)|PHOTOアルバム

     青山と柴原は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。両親ともに日本人ながら南カリフォルニアで生まれ育った柴原は、今年6月に国籍をアメリカから日本に変更した。

     ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスでタイトルを獲得した実績を持っている。

     今大会での青山/柴原は、1回戦でマリア・サカーリ(ギリシャ)/アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)を6-2 6-4で、準々決勝で第3シードのリューメラ・キッシャノック/ナディヤ・キッシャノック(ともにウクライナ)を6-1 6-4で、準決勝では第2シードのデジレイ・クラブチェク(アメリカ)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)を3-6 6-3 [10-5]で破って決勝進出を決めていた。

     シングルスの予選に出場していた青山は、初戦で第3シードのプリシラ・ホン(オーストラリア)に4-6 3-6で敗れていた。

    ※写真は準決勝での青山修子(左)/柴原瑛菜
    SAN JOSE, CA - AUGUST 03: Shuko Aoyama (JPN) watches a high pass in the Doubles Semi-Final match of the Mubadala Silicon Valley Classic on Saturday, August 3, 2019 at San Jose State University in San Jose, California. (Photo by Douglas Stringer/Icon Sportswire via Getty Images)

    This article is a sponsored article by
    ''.