ATPツアー公式戦の「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/カナダ・モントリオール/8月5~11日/賞金総額633万8885ドル/ハードコート)の男子ダブルスにグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と組んで出場予定だった錦織圭(日清食品)は、肘の故障を理由に棄権した。

 試合は第5シードのジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/オリア・テカウ(ルーマニア)が繰り上がりで出場したクリスチャン・ガリン(チリ)/キャメロン・ノリー(イギリス)を6-3 6-3で破り、2回戦に駒を進めた。試合時間は42分。

 錦織とディミトロフは、これまでに2度ダブルスに出場。2012年と16年のブリスベン(ATP250/ハード)では、いずれも4強入りしていた。

ロジャーズ・カップ2019|PHOTOアルバム

 これに先立ち錦織は、第5シードで出場していたシングルス初戦でリシャール・ガスケ(フランス)と3時間9分の死闘を繰り広げた末に7-6(6) 2-6 6-7(4)で敗れていた。

 ロジェ/テカウは2回戦で、ラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)と対戦する。ラム/ソールズベリーは1回戦で、ジェイミー・マレー/ニール・スクプスキー(ともにイギリス)を7-5 7-5で下しての勝ち上がり。

※写真はシングルス2回戦での錦織圭(日清食品)
MONTREAL, QC - AUGUST 07: Kei Nishikori of Japan looks on in his match against Richard Gasquet of France during day 6 of the Rogers Cup at IGA Stadium on August 7, 2019 in Montreal, Quebec, Canada. (Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.