ATPツアー下部大会の「四日市チャレンジャー」(チャレンジャー80/三重県四日市市・四日市テニスセンター/8月5~11日/賞金総額5万4160ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第5シードの杉田祐一(三菱電機)がノーシードから勝ち上がってきた島袋将(早稲田大学)を7-5 6-3で破り、決勝進出を決めた。試合時間は1時間39分。

 チャレンジャー大会で杉田が決勝に進出したのは、3週連続で通算18回目となる。杉田は2週間前のビンガムトン(チャレンジャー80/ハードコート)で今季初優勝を果たし、前週の成都(チャレンジャー110/ハードコート)では決勝でチョン・ヒョン(韓国)に敗れていた。

 杉田は決勝で、第2シードのジェームズ・ダックワース(オーストラリア)と対戦する。ダックワースは準決勝で、第3シードの伊藤竜馬(北日本物産)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

 ダブルスでは、第1シードのゴン・マオシン/ジャン・ザ(ともに中国)が第3シードのサンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(ともにタイ)を6-2 6-1で、ナム・ジソン/ソン・ミンギュ(ともに韓国)は今井慎太郎(イカイ)/高橋悠介(三菱電機)を6-2 6-4で破り、それぞれ決勝に進出した。

 大会最終日の8月11日(日)は13時00分からダブルス決勝、続いてシングルス決勝が行われる予定。

2019年 男子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、ITFはITFランキング上位

シングルス準決勝

○32杉田祐一(三菱電機)[5] 7-5 6-3 ●3島袋将(早稲田大学)[ITF]

○64ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)[2] 6-3 6-4 ●48伊藤竜馬(北日本物産)[3]

ダブルス準決勝

○1ゴン・マオシン/ジャン・ザ(中国)[1] 6-2 6-1 ●5サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[3]

○11ナム・ジソン/ソン・ミンギュ(韓国)6-2 6-4 ●14今井慎太郎/高橋悠介(イカイ/三菱電機)

画像: ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)(写真提供◎日本テニス協会)

ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)(写真提供◎日本テニス協会)

写真提供◎日本テニス協会

This article is a sponsored article by
''.