全日本学生テニス連盟が主催する「2019年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/予選8月8~10日、本戦8月12~18日/ハードコート)の予選4日目は前日に終了できなかった男女ダブルス各1試合が行われ、伊藤隆/上園祥平(日本体育大学)と竹内あやか/猪川結花(法政大学)が本戦への出場権を獲得した。

 第8シードの伊藤/上園が折井勇太/小泉亮太(同志社大学)を6-3 6-3で、竹内/猪川は第10シードの俣賀瑞希/柿澤明里(日本大学)を7-5 7-5で破って勝ち上がりを決めた。

 8月12日(月)から本戦がスタートする。本戦には男女シングルス各96名(予選勝者各24名含む)、男女ダブルス各48組(予選勝者各12組含む)が出場。シングルスはベスト・オブ・3セットマッチ、ダブルスはファイナルセット10ポイントマッチタイブレークで行われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子ダブルス予選決勝

○29伊藤隆/上園祥平(日本体育大学)[8] 6-3 6-3 ●31折井勇太/小泉亮太(同志社大学)

女子ダブルス予選決勝

○40竹内あやか/猪川結花(法政大学)7-5 7-5 ●37俣賀瑞希/柿澤明里(日本大学)[10]

写真◎BBM

This article is a sponsored article by
''.