ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)が左足の故障を理由にUSオープン出場を取り消したあと、グランドスラム大会優勝歴2回のスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)が空いた本戦枠に滑り込んだ。

 マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)も既存のハムストリングの故障からの回復を理由に挙げ、今年最後のグランドスラム大会出場を取り下げた。彼の代わりに本戦に入るのはアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)だ。

 USTA(全米テニス協会)は月曜日に、これらの棄権者の名前を発表した。

 クズネツォワは2004年Uオープン、2009年フレンチ・オープンで優勝している。今年のUSオープンにおいて、彼女は女子シングルス本戦に入った7人目の元チャンピオンとなった。

 大会のドロー抽選は8月22日に行われ、本戦1回戦は26日にスタートする。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)、8月8日トロントで撮影
TORONTO, ON - AUGUST 08: Svetlana Kuznetsova of Russia hits a shot against Simona Halep of Romania during a third round match on Day 6 of the Rogers Cup at Aviva Centre on August 08, 2019 in Toronto, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.