WTAツアー公式戦の「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月12~18日/賞金総額294万4486ドル/ハードコート)に、日本の大坂なおみ(日清食品)が出場する。
 
 世界ランク2位(8月5日付)の大坂は第2シードとなり、初戦となる2回戦の対戦相手はアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)に決まった。

 サスノビッチは月曜日に行われた1回戦で、予選勝者のアストラ・シャルマ(オーストラリア)を6-1 4-6 6-1で破って勝ち上がった。

 両者の過去の対戦成績は、3勝0敗で大坂がリード。今シーズンは5月にマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)の3回戦で対戦し、大坂が6-2 6-3で勝っている。

 今大会に2年連続3度目の出場となる大坂は、ここまで本戦未勝利となっている。初めてメインドローでプレーした昨年は、1回戦でマリア・サカーリ(ギリシャ)に3-6 6-7(8)で敗れていた。

 2018年シーズンの大坂は、3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でツアー初優勝を果たし、9月にはUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で日本テニス史上初めてシングルスでグランドスラムのタイトルを獲得。今年1月にはオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成し、世界ナンバーワンの座に就いた。

ウェスタン&サザン・オープン2019|PHOTOアルバム

 そのほかの日本勢は、青山修子(近藤乳業)がアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)のコンビでダブルスにエントリー。初戦の対戦相手は、ワイルドカード(主催者推薦枠)のキャサリン・マクナリー/アリソン・リスク(ともにアメリカ)となっている。

 ウェスタン&サザン・オープンはWTAツアーで年間5大会開催されるプレミア5のカテゴリーの第4戦目。プレミア・マンダトリーに次ぐ格付けの大会で、シングルス56ドロー、ダブルス28ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

アシュリー・バーティ(オーストラリア)[1]
大坂なおみ(日本/日清食品)[2]
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[3]
シモナ・ハレプ(ルーマニア)[4]
キキ・バーテンズ(オランダ)[5]
ペトラ・クビトバ(チェコ)[6]
エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[7]
スローン・スティーブンス(アメリカ)[8]

※[ ]数字はシード順位

※写真は大坂なおみ(日清食品)
MASON, OHIO - AUGUST 12: Naomi Osaka of Japan fields questions from the media at the WTA All Access Hour during the Western & Southern Open at Lindner Family Tennis Center on August 12, 2019 in Mason, Ohio. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.