2009年優勝者のフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が、手術を受けた右膝の故障からいまだ回復中であることを理由にUSオープン出場を取り消した。

 世界ランク12位のデル ポトロは6月、ウインブルドンに備えるためグラスコートの大会でプレーしているときに、ここ1年の間に2度目となる膝蓋骨の損傷を被った。

 彼はそのすぐあとに手術を受け、以来大会に出場していない。

 デル ポトロは昨年の大会で決勝に進出し、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝となっていた。

 USTA(全米テニス協会)は火曜日、デル ポトロの棄権で26歳のデニス・クドラ(アメリカ)が本戦入りすることになったと発表した。

 クドラはこの日のより早い時間帯に、ワイルドカード(主催者推薦枠)を与えられていた。クドラがその特別処置なしに本戦入りできることになったため、ワイルドカードはジョージア州出身で23歳のクリストファー・ユーバンクス(アメリカ)のものとなった。

 大会のドロー抽選は8月22日に行われ、本戦は26日にスタートする。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年の大会の表彰式でのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 09: Juan Martin del Potro of Argentina poses with the runner-up trophy after losing his men's Singles finals match against Novak Djokovic of Serbia on Day Fourteen of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 9, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.