日本テニス協会(JTA)などが主催する「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '19 supported by NISSHINBO」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会9日目は、靱会場で16歳以下の男女単複決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第1シードの磯村志(中国/やすいそ庭球部)が第10シードの森田皐介(関東/一筆TC)を6-0 6-0で、女子シングルス決勝は第3シードの松田絵理香(関東/狛江インドアジュニアATPチーム)が第4シードの森岡きらら(関西/奈良国際TC)を6-0 6-4で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は丹下颯希/片上智貴(四国:新田高)が第7シードの岡崎開/駒形怜哉(関東:自由ガ丘インターナショナルTCO/TEAM YONEZAWA)を6-3 2-6 [10-5]で、女子ダブルス決勝は第1シードの内島舞子/西飛奈(関東:白鵬女子高)が第3シードの中島玲亜/齋藤優寧(中国:岡山学芸館高)を4-6 6-4 [10-5]で倒してタイトルを獲得した。

 全日本ジュニア16歳以下の部は、男女シングルス64ドロー、男女ダブルス32ドローで争われた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

2019年全日本ジュニア地区大会|PHOTOアルバム

16歳以下

男子シングルス決勝

○1磯村志(中国/やすいそ庭球部)[1/WC] 6-0 6-0 ●56森田皐介(関東/一筆TC)[10]

女子シングルス決勝

○48松田絵理香(関東/狛江インドアジュニアATPチーム)[3/WC] 6-0 6-4 ●17森岡きらら(関西/奈良国際TC)[4/WC]

男子ダブルス決勝

○30丹下颯希/片上智貴(四国:新田高)6-3 2-6 [10-5] ●16岡崎開/駒形怜哉(関東:自由ガ丘インターナショナルTCO/TEAM YONEZAWA)[7]

女子ダブルス決勝

○1内島舞子/西飛奈(関東:白鵬女子高)[1] 4-6 6-4 [10-5] ●24中島玲亜/齋藤優寧(中国:岡山学芸館高)[3]

※写真は16歳以下シングルスで優勝を果たした磯村志(中国/やすいそ庭球部:左)と松田絵理香(関東/狛江インドアジュニアATPチーム:右)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.