「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦8日目。男女ともにシングルス準決勝とダブルス準決勝が行われ、決勝進出者が決まった。

「やっといいプレーができました」と小池颯紀(園田女子大4年)が笑顔を見せた。第13シードの村橋舞(立教大4年)との準決勝に6-2 6-0で完勝。「昨日までなんとなくかみ合っていなかったけど、今日はうまくいきました」とうなずいた。

 左右よりは前後を意識し、中に入ってのプレーを心掛けている。押し込めるチャンスを待ち、押し込んでからはスルスルと前へ出ていく。この日もそんな展開が目立ち、ドライブボレーで仕留めるシーンが多かった。第2シードに相応しい、隙のないプレーだった。

 それは村橋がやりたいプレーでもあっただろう。「後ろに下げられて、攻めることができなかった」と村橋が後手になったことを悔やんだ。疲れもあり、足の動きも悪く、ポイントを続けて奪うことができなかった。

 それでも最後の夏にベスト4という大きな結果を残した。「満足してはいけないけれど、素直にうれしいです」と喜びも口にした。小池には完敗に終わったが、ひたむきなプレーからの4強進出は、ここまでテニスに打ち込んできた成果だろう。

画像: 最後のインカレを4強で終えた村橋

最後のインカレを4強で終えた村橋

 第4シードの1年生、佐藤南帆(慶大)はこの日もストレートで勝利した。センターコートで行われた吉田明日香(明治大2年)との準決勝は6-2 6-3。「コンディションもよく、しっかりと踏ん張って打ち勝てた」と話した。

 小さな身体から繰り出すストロークには威力があり、精度も高い。攻守のバランスがよく、タイミングが早いから、対戦相手にすればやっかいだろう。シングルスのあとは涼しい顔で永田杏里(1年)と組んだダブルスでも準決勝を突破。明日は単複2冠に挑む。

画像: 落ち着いた試合運びが光る佐藤

落ち着いた試合運びが光る佐藤

 ノーシードから勝ち上がった吉田だったが、佐藤の牙城は崩せなかった。ラリー戦では互角に打ち合う場面もあったが、「大事なところで取りきれなかった。その差が大きかった」と敗因を口にした。そして、この経験を糧に「来年は優勝を目指したい」と力強く語った。

画像: ノーシードからベスト4へ進んだ吉田

ノーシードからベスト4へ進んだ吉田

 ダブルス準決勝は、第2シードの佐藤/永田とノーシードの大村千乃/望月菜々子が勝ち上がり、決勝は1年生ペアと3年生ペアの慶大対決となった。慶大は男子シングルスで今村も決勝進出を決めており、3種目制覇の可能性が残されている。

 明日20日は、男女ともにシングルスとダブルスの決勝が行われる。試合開始は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、第2シードから決勝へ進んだ小池颯紀(園田女子大4年)


This article is a sponsored article by
''.