「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦8日目。男女ともにシングルス準決勝とダブルス準決勝が行われ、決勝進出者が決まった。

 第2シードの今村昌倫(慶大3年)と第7シードの松田龍樹(近畿大2年)の準決勝は0-6 6-1 6-1のスコアで今村が勝利した。今村は第1セットを簡単に落としたが、残り2セットでわずか2ゲームしか与えなかった。

「朝、起きたら体調がおかしかった」と今村が言う。「だから早く終わらそうと力んでしまった」と第1セットを振り返った。第2セットからは「ちゃんとラリーをしよう」と覚悟を決めた。すると逆に力が抜け、リズムが戻り、伸びのあるストロークが打てるようになった。

 第1シードの後輩、羽澤慎治(慶大2年)と決勝で対戦するのを楽しみにしていた。しかし、羽澤は4回戦で姿を消した。「ショックでしたけど、羽澤のためにも優勝したい」と今村が言葉に力を込める。「残り1試合、思いきってやるだけです」と話した。

画像: 第2セットからは別人のようなプレーで逆転勝利の今村

第2セットからは別人のようなプレーで逆転勝利の今村

「第2セット以降はラリー戦で押された」と松田が肩を落とした。第1セットを6-0で奪ったことで、逆に考え、慎重になりすぎてしまった。徐々に今村のボールに押されるようになり、「そこで無理をさせられた」と敗因を口にした。

 ただ、シードを守ってのベスト4進出には「素直にうれしい」と笑顔を見せた。高校時代にさしたる戦績はない。卒業はまだ先だが、プロ転向を目指している。インカレでの4強入りは大きな自信になったはずだ。躍動感あふれるプレーが印象に残る。

 もう一方の準決勝は、第10シードの山尾玲貴(関大3年)が第5シードの川橋勇太(筑波大4年)を7-5 1-6 6-4で退け、決勝進出を決めた。

 前日の準々決勝に続き、この日も3時間超のフルセットマッチを山尾が制した。「信じられないです」と本人も驚きの結果。最終セットは「一球一球、声を出して向かっていった」と口にした。

 昨年は第6シードがつきながら初戦の2回戦敗退に終わった。持ち味はしつこい粘りだが、それだけでは限界があると攻めのプレーを磨いた。「甘いボールが来たら前へ」出ることを徹底し、プレーの幅を広げた。

画像: 気合の勝利を飾った山尾

気合の勝利を飾った山尾

 身体の強さ、気持ちの強さが前面に出ていた。「単調にならないよう、軌道を変え、緩急をつけた」と山尾が言う。大会前はベスト8が目標だった。それを大きく上回る結果となったが、ここまで来たら優勝を狙うしかないだろう。

 川橋は自分の課題が浮き彫りになったと反省しきりだった。「フォアで決めきれない、それが最大の課題」。山尾の粘りは想定内だったが、それを打ち抜けなかった。「フットワークがよく、相手のしつこさが上回っていた」と素直に敗戦を認めた。

画像: 決勝進出は逃したが「全国では初のベスト4です」と川橋

決勝進出は逃したが「全国では初のベスト4です」と川橋

 ダブルス決勝は、第1シードの田中優之介/木元風哉(早大3年/3年)と第4シードの古賀大貴/安上昴志(早大4年/4年)の早大対決となった。

明日20日は、男女ともにシングルスとダブルスの決勝が行われる。試合開始は10時の予定。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、準決勝を戦い終えた今村昌倫(慶大3年)と松田龍樹(近畿大2年)


This article is a sponsored article by
''.