大阪で行われている「第46回全国中学生テニス選手権大会」(団体戦8月19、20日、個人戦21~24日/マリンパーク北村)の競技2日目は団体決勝が行われ、男子は聖徳学園(東京)が小平市立小平第二(東京)を3勝2敗(複1勝、単2勝)で、女子は山陽女学園(広島)が浪速(大阪)を4勝1敗(複2勝、単2勝)で破り、ともに初の“全中”制覇を果たした。

 聖徳学園は春のセンバツで全国初制覇を遂げ、この優勝で春夏連覇となった。

 山陽女学園は春のセンバツ決勝で敗れた相手、浪速の春夏連覇を阻止しての中学日本一。

男子団体決勝

9小平市立小平第二(東京)[3-4] 2-3 32聖徳学園(東京)[2]

D2 ○1中村洸③/4木村一翔① 6-0 ●6鈴木隼人②/7丹下雄貴③
D1 ●6石山航平③★/7高木隆樹③ 1-6 ○3小林拓矢③/5田中岳太③
S3 ●2髙畑里樹③ 4-6 ○2轟佑介②
S2 ○3増田真吾② 6-3 ●4馬塲葵平③★
S1 ●5藤田哲平② 0-6 ○1仁島清嘉③

女子団体決勝

16山陽女学園中等部(広島)[5-8] 4-1 24浪速(大阪)[3-4]

D2 ○5井上季子①/7遠藤愛渚① 6-2 ●6前田彩衣③/10大倉奏①
D1 ○2井上佳苗②★/3中岡咲心② 6-1 ●3新谷陽花②/4川上栞奈①
S3 ●8清瀧海香① 2-6 ○2林妃菜③
S2 ○4藤本麻璃花② 6-4 ●1田中愛美③★
S1 ○6上野梨咲① 6-4 ●5下野澪①

(写真◎BBM)


This article is a sponsored article by
''.