「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦9日目/最終日は男女ともにシングルスとダブルスの決勝が行われ、女子シングルスは第4シードの佐藤南帆(慶大1年)が第2シードの小池颯紀(園田女子大4年)を6-4 6-3で退け、優勝を決めた。

 小さな身体を存分に使ったフルスイング。パワフルなストロークで相手を押し、甘いボールがくれば前に入って叩き込む。同じようなプレースタイルで、2人はポイントを交互に重ねていった。小池には4年生の意地があり、佐藤にはユニバーシアードで金メダルを獲得した意地があった。

 第1、第2セットともに3-1とリードしたのは小池だった。「今日のプレーが大会を通じて一番よかった」という言葉を待つまでもなく、小池のプレーには躍動感があり、佐藤の威力あるストロークにも十分に対応していた。

画像: 準優勝に終わった小池

準優勝に終わった小池

「楽なポイントがほとんどなかった」と佐藤が言う。それほど小池のプレーに苦しめられていた。だが、そこでズルズルといかないのが佐藤の強さだ。「しっかりと肩を入れ、目の前の1ポイントに集中した」と逆転に成功した。

 第2セット4-3のあたりで、今村の優勝が決まった。「鳥肌が立って、そこから私もと気合いが入った」と佐藤。粘り小池を振りきって、すぐに今村に続いた。その瞬間、両手を高く上げ、優勝の喜びをかみしめた。

「うれしいという言葉に尽きます」と佐藤。インカレ優勝(単複2冠)は今年の大きな目標だった。ユニバーシアード優勝でプレッシャーも大きいと思われたが、「どうしても勝ちたい、負けられないというのではなく、最後までチャレンジャーの気持ちで戦おうと。それができました」と謙虚に話した。

画像: 佐藤が1年生女王に輝く

佐藤が1年生女王に輝く

「ここっていうところが取れなかった。逆に相手はそこでしっかりと決めてきた」と小池が言う。この感想は、前日の準決勝で佐藤に敗れた吉田明日香(明治大2年)とまったく同じ。両セットともに「3-1からポイントは取れてもゲームが取れなくなった」と小池がため息をついた。

 小池は「自分の力は出しきった」と言う。それでも、ここまで来たら優勝したかったという悔しさは残る。その気持ちを振り払うかのように「でも今日のような試合を続けられたらレベルアップできると思う」と前を向いた。

 慶大対決となったダブルス決勝は、第2シードの佐藤/永田杏里(1年)がノーシードから勝ち上がってきた大村千乃/望月菜々子(3年/3年)を6-0 7-5で下して優勝を決めた。佐藤は1年生にして単複2冠を達成した。

画像: 優勝を決めた瞬間の佐藤(左)と永田

優勝を決めた瞬間の佐藤(左)と永田

 佐藤が「最後まで笑顔で、トライを続けることを心掛けていた。最高の結果で終われてうれしい」と話せば、永田も「ジュニア時代から組んでいるし、この2人で取りたいと思っていた」とタイトル獲得を喜んだ。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、優勝を決めた瞬間の佐藤南帆(慶大1年)

This article is a sponsored article by
''.