「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦9日目/最終日は男女ともにシングルスとダブルスの決勝が行われ、男子シングルスは第2シードの今村昌倫(慶大3年)が第10シードの山尾玲貴(関大3年)を6-0 6-4で下して優勝を飾った。

 試合前の雨で決勝は室内コートに変更され、第1セットを今村が6-0で奪った。準々決勝、準決勝とスタートダッシュに失敗。その反省を生かし、決勝は出だしから飛ばしたが、一気の6ゲーム連取は本人も予想外だったろう。「突き放したいと思っていましたが、うまくいきすぎました」と、ほぼ完璧な内容だった。

 第2セットは山尾が先にブレークして2-0とリードを広げる。第1セットは「粘っているだけで、ミスが増えてしまった」と振り返る。「打てるところは打っていこう」と攻撃的な気持ちを思い出し、決勝に相応しいストローク戦が展開された。

画像: 第1セットを6-0で先取した今村

第1セットを6-0で先取した今村

 だが、今村は0-2から2-2と追い上げに成功し、第5ゲームからはお互いがサービスをキープする一進一退の攻防となった。しかし、4-4からの第9ゲームで今村がブレークに成功して5-4とすると、第10ゲームをキープして決着をつけた。今村が両手を突き上げ、優勝の喜びをかみしめた。

「やっと優勝できました。超うれしいです」と今村が喜びを口にする。ジュニア時代から個人団体、単複を含めて全国大会の優勝は一度もない。「やっとです。だから本当にうれしい」と、何度も何度も「うれしい」という言葉を口にした。

 サービスゲームの向上と気持ちの強さを勝因に挙げた。サービスは「ファーストもセカンドも球威、コースがよくなった」と言う。以前はセカンドサービスを叩かれることが多かったが、「サービスが向上し、サービスキープができるようになった」ことで落ち着いて戦えるようになった。「最後までよく耐えたと思います」と自画自賛のVだった。

 準優勝に終わった山尾は「チャンスはありましたから」と悔しさいっぱい。第2セットからは互角の展開を見せたが、あと一歩、及ばなかった。ロングラリーは山尾のペースに思えたが、そこで先にミスが出て、「リズムに乗れなかった」と肩を落とした。

画像: 第2セットから反撃を開始した山尾

第2セットから反撃を開始した山尾

「せめて最終セットには持ち込みたかった」と山尾。それでも目標だったベスト8をクリアし、堂々の決勝進出を果たした。山尾も今村同様に全国のタイトルはない。「だから僕も勝ちたかったんですけど…来年のインカレで頑張ります」と汗を拭った。

 早大対決となったダブルス決勝は、第1シードの田中優之介/木元風哉(3年/3年)が第4シードの古賀大貴/安上昴志(4年/4年)を6-2 6-2で下して優勝した。

画像: 優勝を決めた田中(左端)と木元。右は準優勝の安上と古賀

優勝を決めた田中(左端)と木元。右は準優勝の安上と古賀

 2人は昨年末のインカレ室内に次ぐ優勝。そして田中は昨年のインカレに次ぐ2連覇でもある。「試合を重ねるごとにペアとして強くなっていたのがうれしい」と田中。木元も「決勝が一番いいプレーができた」と優勝を喜んだ。

(編集部◎牧野 正 写真◎BBM)

※トップ写真は、決勝を戦い終えた直後の今村昌倫(慶大3年)と山尾玲貴(関大3年)

This article is a sponsored article by
''.