第46回全国中学生テニス選手権大会は大会2日目の8月20日(火)、順延となっていた一部の男女団体1、2回戦と、準々決勝、準決勝、決勝が行われ、女子決勝は第5~8シードの山陽女学園(広島)が第3~4シードの浪速(大阪)を4勝1敗で破り、出場2回目にして全中初制覇を飾った。

 女子団体の決勝は今年3月の中学選抜と同一カードとなった。前回、山陽女学園は浪速に1勝2敗と競り負けて悔しい準優勝。この一戦はリベンジマッチだった。

 5面同時展開の決勝は、山陽女学園が序盤から攻勢をかける。井上季子/遠藤愛渚の1年生ペアが6-2でD2を制し、主将の井上佳苗と中岡咲心が出場した2年生ペアがD1を6-1で勝利。早々に優勝に王手をかけ、シングルス3本をプレーする仲間たちを後押しした。

画像: 中岡咲心/井上佳苗(山陽女学園)

中岡咲心/井上佳苗(山陽女学園)

 S3の清瀧海香は林妃菜に敗れたが、残るS2とS1はともに拮抗。その中で「思い切りラケットを振り切った」という上野梨咲が下野澪を6-4で退けると、ほぼ同じタイミングで藤本麻璃花も田中愛美を6-4で撃破。山陽女学園の選手たちが歓喜の輪をつくった。

画像: 上野梨咲(山陽女学園)

上野梨咲(山陽女学園)

 山陽女学園の戦いぶりは優勝校に値する見事なものだった。準々決勝では昨年の準V校である桐光学園(神奈川)を3勝0敗、準決勝はディフェンディング・チャンピオンの城南学園(大阪)を2敗のビハインドからD2、S2、S1の3本で逆転。チームワークはもちろん、個々の実力の高さも見事に証明した。

画像: 藤本麻璃花(山陽女学園)

藤本麻璃花(山陽女学園)

 中学選抜の後に加わった1年生4名とそれを支える2年生3名の融合が、今回の日本一につながった。「1年生がうまかったので、最初は“メンバー入りできるかな?”と不安だったくらい」と主将の井上佳苗。個人戦ではお互いがライバルとなるが、ともに戦う団体では心強い存在だという。それは1年生も同じ思いだろう。

 山陽女学園は1、2年生で構成されたチーム。来年の中学選抜、全中も同じメンバーで挑むことができる。主将の井上は「(他校から)敵わないなと思われるようなチームにしていきたい」と語り、さらなる高みを目指す。

画像: 準優勝に終わった浪速(大阪)

準優勝に終わった浪速(大阪)

編集部◎中野恵太 写真◎太田裕史

※トップ写真は、優勝を決めて歓喜に沸く山陽女学園(広島)の選手たち


This article is a sponsored article by
''.