WTAツアー公式戦の「NYJTLブロンクス・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ニューヨーク州ブロンクス/8月18~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)がラルカ・オラル(ルーマニア)/ヤン・ザオシャン(中国)に0-6 6-1 [11-9]で競り勝ち、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間15分。

2019年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 クルニッチと青山は、今大会が5度目のダブルス出場。初めてペアを組んで臨んだ6月のスヘルトーヘンボス(WTAインターナショナル/グラスコート)では決勝でレスリー・ケルクホーフ/ビビアネ・スクーフス(ともにオランダ)を7-5 6-3で倒し、青山は2017年シーズン以来となるWTAツアー通算9勝目を挙げた。

 今大会での青山/クルニッチは、1回戦でナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/ラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-3 6-4で破って勝ち上がっていた。

 青山/クルニッチは準決勝で、マルガリータ・ガスパリアン(ロシア)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)と対戦する。ガスパリアン/ニクレスクは準々決勝で、第1シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)を7-6(4) 6-2で下しての勝ち上がり。

※写真はサンノゼの大会での青山修子(近藤乳業)
SAN JOSE, CA - AUGUST 03: Shuko Aoyama (JPN) rockets back a serve in the Doubles Semi-Final match of the Mubadala Silicon Valley Classic on Saturday, August 3, 2019 at San Jose State University in San Jose, California. (Photo by Douglas Stringer/Icon Sportswire via Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.