第46回全国中学生テニス選手権大会は8月22日(木)の大会4日目、個人戦の男女シングルス2、3回戦が行われ、それぞれベスト8進出者が決定。また、男女ダブルス3回戦によって4強も決まった。女子シングルスの8強は第1シードの田邑来未(城南学園)ら上位シード勢が勝ち残る一方、宮原千佳(春日市立春日)、須藤さくら(日野市立日野第三)といったノーシード勢の活躍も光った。

 トップシードの田邑は、昨年に続いて2度目のシングルス8強入りを決めた。次戦に戦う相手は伊藤あおい(名古屋市立八王子)。全日本ジュニアU16の3回戦で顔を合わせ、そのときは伊藤に軍配が上がっていた。ともに全国大会の常連だけに、白熱した試合が予想される。

画像: 田邑来未(城南学園) 写真◎BBM

田邑来未(城南学園) 写真◎BBM

 また、大山華歩(豊中市立第十一)と松田鈴子(名古屋市立若水)の2年生対決も必見。同じくベスト8入りした2年生の石井さやか(渋谷区立松濤)は、8月上旬のワールドジュニア世界大会に出場した。全国選抜ジュニアに続く全国タイトルを狙う。

画像: 3回戦で繁益春香(京都市立桂川)を破った石井さやか(渋谷区立松濤) 写真◎太田裕史

3回戦で繁益春香(京都市立桂川)を破った石井さやか(渋谷区立松濤) 写真◎太田裕史

 その石井と準々決勝を戦うのが宮原。ノーシードながら強気な姿勢と粘り強さを併せ持ち、3回戦では第2シードの櫻田しずか(函南町立東)との激しい打ち合いを制して9-7で勝利した。

 目標のベスト8入りを決め安堵の表情を見せる宮原だが、続けて「もっと上に行きたい」と意欲も十分。一学年下の石井のほうが実績こそ上だが、気持ちの強さを前面に立ち向かう。宮原とともにノーシードから勝ち上がった須藤は第3~4シードの長谷川采香(国分寺市立第三)と対戦する。

 ダブルスはシード勢が上位を独占。第1シードの田中愛美/林妃菜(浪速)と第3~4シードの明場凛/鹿島璃子(横浜市立岡野)が対戦し、第5~8シードの井上佳苗/中岡咲心(山陽女学園)が同じく第5~8シードの中村碧月/畭凛花(城南学園)と決勝をかけて戦う。

 井上/中岡は団体優勝に大きく貢献したダブルスペアで、中村/畭は全日本ジュニアU14のダブルス優勝ペアだ。

 大会5日目の8月23日(金)は、男女シングルス準々決勝と準決勝、男女ダブルスの準決勝が行われる。試合開始は9時の予定。

編集部◎中野恵太

※トップ写真は、ベスト8入りを決めた宮原千佳 写真◎BBM


This article is a sponsored article by
''.