WTAツアー公式戦の「NYJTLブロンクス・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ニューヨーク州ブロンクス/8月18~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第1シードのワン・チャン(中国)がラッキールーザーから勝ち上がったアンナ・ブリンコワ(ロシア)に0-6 6-1 6-4で逆転勝ちし、ベスト4に進出した。

 第1セットでのワンは、自分のサービスからの20ポイントのうち6本しか取ることができなかったが、それから試合の流れを逆転させた。

 敗れたブリンコワは来週から始まるUSオープンの1回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードの大坂なおみ(日清食品)と対戦することになった。

 ワンはアジア以外では初となるWTAツアー準決勝で、カミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。このところ力強い進撃を続けているジョルジはこの日、アリゼ・コルネ(フランス)を6-2 6-1で退けた。ジョルジは今月半ばのワシントンDCで決勝に進出したが、準優勝に終わっていた。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 カテリーナ・シニアコバ(チェコ)とマグダ・リネッテ(ポーランド)はそれぞれ3セットの闘いの末に勝利をつかみ、もうひとつの決勝で顔を合わせることになった。

 第5シードのシニアコバがワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したベルナルダ・ペラ(アメリカ)を4-6 7-6(6) 6-3で倒し、予選から勝ち上がったリネッテはウインブルドンで8強入りした第10シードのカロリーナ・ムチョバ(チェコ)に6-7(4) 6-4 7-6(3)で競り勝った。(C)AP(テニスマガジン )

※写真はマイアミの大会でのワン・チャン(中国)
MIAMI GARDENS, FLORIDA - MARCH 27: Qiang Wang of China plays a point against Simona Halep of Romania during day 10 of the Miami Open presented by Itau at Hard Rock Stadium on March 27, 2019 in Miami Gardens, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.