今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の本戦が、8月26日(月)に開幕する。

 ともにティーンエイジャーのコリ・ガウフ(アメリカ)とキャサリン・マクナリー(アメリカ)がUSオープンでダブルスをプレーし、チームとしての連勝を伸ばすチャンスを手にすることになった。

 ウインブルドンでその存在を世界にしらしめたフロリダ州に拠点を置く15歳のガウフとオハイオ州出身で17歳のマクナリーは土曜日、USTA(全米テニス協会)から女子ダブルス本戦のためのワイルドカード(主催者推薦枠)を与えられた。

 ふたりはともに、これに先立ってシングルスの本戦ワイルドカードも受け取っていた。

USオープン2019|トーナメント表

 1年前、ガウフとマクナリーはUSオープン・ジュニアのダブルスで優勝を遂げていた。そのあとふたりは今月のシティ・オープンの女子ダブルスで優勝し、WTAツアーで初の優勝杯を掲げていた。

 マクナリーは同大会のシングルスでも4強入りし、ツアーレベルでの自己最高成績をマークしていた。

 ガウフのシングルスでの大きな躍進は、今年のウインブルドンで起きた。彼女はそこで予選を通して本戦に至った史上最年少のプレーヤーとなり、それから1回戦でビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を倒して世界をあっと言わせた。

 彼女はそのあと4回戦まで勝ち上がり、最終的にチャンピオンとなったシモナ・ハレプ(ルーマニア)に敗れていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はワシントンDCの大会の女子ダブルス表彰式でのコリ・ガウフ(アメリカ/左)とキャサリン・マクナリー(アメリカ/右)
WASHINGTON D.C. , AUGUST 03: CORI GAUFF (USA)and CATHERINE MCNALLY (USA) during day 6 match of the 2019 Citi Open on August 3 ,2019 at Rock Creek Park Tennis Center in Washington D.C. (Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.