ITF(国際テニス連盟)の男子ツアー下部大会「Combiphar 国際テニス大会」(ITFワールドテニスツアーM15/インドネシア・ジャカルタ/8月19~25日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第3シードの山﨑純平(日清紡ホールディングス)がダスティ H・ボイヤー(アメリカ)を6-3 6-1で退け、優勝を果たした。

 22歳の山﨑がITFツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、4月の柏(M15/ハードコート)以来でキャリア3度目となる。

 今大会での山﨑は、1回戦でラッキールーザーのクナル・アナンド(インド)を6-3 6-2で、2回戦で予選勝者のパク ロン・ヨン(香港)を6-3 6-3で、準々決勝でアーロン・シュミット(スイス)を7-6(3) 7-5で、準決勝ではレット・パーセル(ニュージーランド)を6-3 7-6(3)で破って決勝進出を決めていた。

 ダブルスでは江原弘泰(イカイ)/島袋将(早稲田大学)が第4シードから勝ち上がり、決勝でジョナサン・グレイ(イギリス)/山﨑を6-1 6-2で下して大会を制した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

上位の試合結果

シングルス決勝

○24山﨑純平(日清紡ホールディングス)[3] 6-3 6-1 ●15ダスティ H・ボイヤー(アメリカ)

シングルス準決勝

○15ダスティ H・ボイヤー(アメリカ)7-6(3) 6-4 ●1徳田廉大(イカイ)[1]

○24山﨑純平(日清紡ホールディングス)[3] 6-3 7-6(3) ●30レット・パーセル(ニュージーランド)

シングルス準々決勝

○1徳田廉大(イカイ)[1] 6-4 6-3 ●7ハーディン・ババ(インド)[Q]

○15ダスティ H・ボイヤー(アメリカ)6-3 6-7(5) 6-4 ●11アレクサンダー・クラーノックラック(オーストラリア)

○24山﨑純平(日清紡ホールディングス)[3] 7-6(3) 7-5 ●19アーロン・シュミット(スイス)

○30レット・パーセル(ニュージーランド)6-3 6-2 ●28小倉孝介(哲英)[Q]

ダブルス決勝

○12江原弘泰/島袋将(イカイ/早稲田大学)[4] 6-1 6-2 ●2ジョナサン・グレイ/山﨑純平(イギリス/日清紡ホールディングス)

ダブルス準決勝

○2ジョナサン・グレイ/山﨑純平(イギリス/日清紡ホールディングス)3-6 7-6(3) [10-8] ●8チウ・ユーシアン/リウ・ハンイ(台湾/中国)

○12江原弘泰/島袋将(イカイ/早稲田大学)[4] 6-2 7-6(5) ●16ジャスティン・バルキ/ルアン・ロウロフス(インドネシア/南アフリカ)[2]

※写真は昨年の全日本選手権での山﨑純平(日清紡ホールディングス)
撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA

This article is a sponsored article by
''.