九州学生テニス連盟が主催する「令和元年 九州学生夏季テニス選手権大会」(福岡県宗像市・グローバルアリーナ/本戦8月20~26日/ハードコート)の本戦6日目は男女シングルスの決勝および男女ダブルス準決勝と男子ダブルス決勝が行われた。

 トップ2シードの対戦となった男子シングルス決勝は第2シードの相馬光志(福岡大学2年)が第1シードの田代翔(鹿屋体育大学3年)を2-6 6-1 6-1で下して2連覇、女子シングルス決勝は第1シードの今村凪沙(鹿屋体育大学3年)が第3シードの高祖真美華(福岡大学4年)を6-0 6-0で破って3連覇を達成した。

 相馬と今村は春季大会でも連覇を果たしており、相馬が春夏2連覇、今村は同3連覇となった。

 男子ダブルス決勝は、第3シードの宇野敦也/岡村浩太(鹿屋体育大学4年/4年)が第1シードの井上諒風/今林亮介(福岡大学4年/3年)を6-2 6-3で倒してタイトルを獲得した。

 女子ダブルス決勝も行われる予定だったが、雨の影響により翌日に延期となった。

 九州学生夏季テニス選手権大会は、男子シングルス64ドロー、女子シングルス32ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス16ドローで争われる。

2019年度 学生大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○64相馬光志(福岡大学2年)[2] 2-6 6-1 6-1 ●1田代翔(鹿屋体育大学3年)[1]

女子シングルス決勝

○1今村凪沙(鹿屋体育大学3年)[1] 6-0 6-0 ●24高祖真美華(福岡大学4年)[3]

男子ダブルス決勝

○24宇野敦也/岡村浩太(鹿屋体育大学4年/4年)[3] 6-2 6-3 ●1井上諒風/今林亮介(福岡大学4年/3年)[1]

男子ダブルス準決勝

○1井上諒風/今林亮介(福岡大学4年/3年)[1] 6-2 6-3 ●9米田伊織/阿部直人(福岡大学4年/3年)[4]

○24宇野敦也/岡村浩太(鹿屋体育大学4年/4年)[3] 1-0 Ret. ●32吉松瑞生/田代翔(鹿屋体育大学4年/3年)[2]

女子ダブルス準決勝

○1今村凪沙/岡﨑亜美(鹿屋体育大学3年/2年)[1] 6-3 6-3 ●5大田理紗子/高祖真美華(福岡大学4年/4年)[3]

○16英凪紗/大津あかり(鹿屋体育大学4年/2年)[2] 6-2 6-4 ●10田中里穂/中村友紀(福岡大学1年/1年)

画像: 男子ダブルス優勝の宇野敦也(左)/岡村浩太(鹿屋体育大学4年/4年)(写真提供◎九州テニス連盟)

男子ダブルス優勝の宇野敦也(左)/岡村浩太(鹿屋体育大学4年/4年)(写真提供◎九州テニス連盟)

※トップ写真はシングルス優勝の相馬光志(福岡大学2年/左)と今村凪沙(鹿屋体育大学3年/右)
写真提供◎九州学生テニス連盟


This article is a sponsored article by
''.