今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、穂積絵莉(日本住宅ローン)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)はアレクサ・グラーチ(チリ)/ベルナルダ・ペラ(アメリカ)に1-6 7-6(4) 2-6で敗れた。試合時間は2時間7分。

USオープン2019|トーナメント表

 ともに1994年生まれの二宮と穂積は、今季6度目のダブルス出場。昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では日本人ペアとして同種目で史上初のグランドスラム決勝に進出し、準優勝を果たしていた。

 グラーチ/ペラは2回戦で、第5シードのアンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)/デミ・シヒュース(オランダ)とアリゼ・コルネ/フィオナ・フェロ(ともにフランス)の勝者と対戦する。

※写真は穂積絵莉(右)/二宮真琴
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.