今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がフランシス・ティアフォー(アメリカ)を6-3 3-6 6-2 2-6 6-3で振りきり、ベスト32に進出した。試合時間は3時間9分。

 全米に5年連続出場となる22歳のズベレフは昨年の大会で初めて3回戦に進出し、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に7-6(1) 4-6 1-6 3-6で敗れていた。グランドスラムでは、2018年と19年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)でのベスト8がこれまでの最高成績となっている。

 ズベレフは次のラウンドで、第29シードのブノワ・ペール(フランス)を4-6 6-7(3) 6-2 7-5 7-6(4)で破って勝ち上がったアルヤズ・ベデネ(スロベニア)と対戦する。

 第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)はワイルドカード(主催者推薦枠)のタナシ・コキナキス(オーストラリア)と対戦する予定だったが、コキナキスが右肩の故障で棄権したため不戦勝で3回戦に駒を進めた。

 そのほかの試合では、第14シードのジョン・イズナー(アメリカ)、第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)、パブロ・アンドゥハル(スペイン)、アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)が2回戦を突破した。

USオープン2019|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Ret.は途中棄権

男子シングルス2回戦|主な試合結果

○66アンドレイ・ルブレフ(ロシア)6-2 Ret. ●68ジル・シモン(フランス)

○73マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[24] 7-5 7-6(5) 4-6 6-1 ●76ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)

○77アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)2-6 7-5 6-3 6-2 ●79ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)

○90パブロ・アンドゥハル(スペイン)6-2 6-4 6-2 ●91ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)

------

○97アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[6] 6-3 3-6 6-2 2-6 6-3 ●100フランシス・ティアフォー(アメリカ)

○102アルヤズ・ベデネ(スロベニア)4-6 6-7(3) 6-2 7-5 7-6(4) ●104ブノワ・ペール(フランス)[29]

○113ジョン・イズナー(アメリカ)[14] 6-3 7-6(4) 7-6(5) ●115ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)

○128ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 不戦勝 ●125タナシ・コキナキス(オーストラリア)[WC]

※写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
NEW YORK, NEW YORK - AUGUST 29: Alexander Zverev of Germany reacts during his Men's Singles second round match against Frances Tiafoe of the United States on day four of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 29, 2019 in Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.