ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN
WIMBLEDONをあとに、帰路移動

画像1: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像2: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像3: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像4: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像5: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像6: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動

ROAD TO WIMBLEDON 2019
日本代表チーム
男子 高橋凛羽 福原聡馬
女子 西村佳世 永澤亜桜香

無事に日本に帰国し全日程を終了しました。

画像7: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像8: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動
画像9: ROAD TO WIMBLEDON team JAPAN 最終日~移動

ROAD TO WIMBLEDON

今回も、信じられないほど多くの経験を与えてくれた遠征となりました。WIMBLEDON でしか感じ得ない 長い歴史と深い伝統に文化…隅々まで手入れの行き届いた庭 高貴にも思わせる数々の装飾品 …あの場所は、その昔からずっと守られた特別なものが存在します。

きっと子供たちは、年齢的に今回の遠征だけでは WIMBLEDON が後世に残し伝えたい多くの想いは気付かないことと思います。それでも WIMBLEDON の大人たちは、彼らが大人になり、きっと何が本当に大切であるかを気付く時が来るでしょう… と、底知れない愛情で接してくれていました。

その愛情は、昨年のメンバーを気にかける会話にもありました… ヘッドコーチのダンは勿論のこと、ヘンマンまでが日本メンバーのことを覚えてくれておりました。テニス技術だけの印象ではなく、イベントでの絡んだ笑顔が強く残っているようでした。そして、彼らにここで再会出来ることを本当に願ってくれておりました。

確かに競技である以上 勝敗は必要でそれにこだわることは当たり前のごとです。ただ、それを求めるあまりに教育や経験 学校や社会を疎かにしては何も始まりません…今回の遠征でも、 挨拶や時間厳守などの基本的なことが出来ないことが多く、テニス以前の部分を指示することが多々ありました。

先回りしてしまえば簡単なことでも、出来るだけ本人が自ら行動することや、調べること、考えることを多くし、出来るだけ自主選択する機会を多く作れるように過ごしました。

自らの夢を信じて、その瞬間を全力で取り組むこと、本物を感じ経験し伝える活動が ROAD TO WIMBLEDON なのです。

夢はウィンブルドン ……

みんなお疲れさまでした。


This article is a sponsored article by
''.