今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードの大坂なおみ(日清食品)は第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に5-7 4-6で敗れた。試合時間は1時間27分。

 全米に4年連続出場となった21歳の大坂は、昨年の大会で日本テニス史上初めてシングルスでグランドスラムのタイトルを獲得。決勝では、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を6-2 6-4で倒して栄冠に輝いた。

USオープン2019|トーナメント表

 この結果でベンチッチは、大坂との対戦成績を4勝1敗とした。今シーズンはここまでに2度対戦し、3月のインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の4回戦は6-3 6-1で、5月のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)の準々決勝では3-6 6-2 7-5で、いずれもベンチッチが勝っていた。

 今シーズンの大坂は、1月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成して世界ナンバーワンの座に就いた。大坂がグランドスラムにトップシードとして臨むのは、6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)に続いて2度目だった。

 今大会での大坂は、1回戦でアンナ・ブリンコワ(ロシア)を6-4 6-7(5) 6-2で、2回戦ではマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-2 6-4で、3回戦ではワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)を6-3 6-0で破って16強入りを決めていた。

 ベンチッチは準々決勝で、第23シードのドナ・ベキッチ(クロアチア)と対戦する。ベキッチは4回戦で、第26シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6-7(5) 7-5 6-3で下しての勝ち上がり。

 大坂が前年優勝した大会で早期敗退を喫したことでアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界ランク1位に返り咲くことが確定し、大坂は3位以下に落ちることになった。

※写真は4回戦で対戦した大坂なおみ(日清食品/左)とベリンダ・ベンチッチ(スイス/右)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 02: Belinda Bencic (R) of Switzerland shakes hands with Naomi Osaka (L) of Japan after their Women's Singles fourth round match on day eight of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 02, 2019 in Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.