今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)が第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に7-6(3) 7-5で競り勝ち、グランドスラム初制覇に王手をかけた。試合時間は2時間12分。

 グランドスラムの本戦に4度目の出場となる19歳のアンドレスクは、今年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)とフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)での2回戦進出がこれまでの最高成績だった。全米は2017年と18年に参戦したが、いずれも予選1回戦で敗れていた。

USオープン2019|トーナメント表

 両者は今回が初対戦。今シーズン躍進を遂げたアンドレスクは、3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でツアー初優勝を果たし、4週間前には地元カナダのトロント(WTAプレミア5/ハードコート)で2勝目を挙げて今大会を迎えている。

 今大会でのアンドレスクは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のケイティ・ボリネッツ(アメリカ)を6-2 6-4で、2回戦でラッキールーザーのキルステン・フリプケンス(ベルギー)を6-3 7-5で、3回戦で第19シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を6-4 6-4で、4回戦で予選勝者のテイラー・タウンゼント(アメリカ)を6-1 4-6 6-2で、準々決勝では第25シードのエリース・メルテンス(ベルギー)を3-6 6-2 6-3で破って4強入りを決めていた。

 アンドレスクは決勝で、第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。セレナは準決勝で、第5シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-3 6-1で下しての勝ち上がり。

※写真はビアンカ・アンドレスク(カナダ)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 05: Bianca Andreescu of Canada after winning her Women's Singles semi-final match against Belinda Bencic of Switzerland on day eleven of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 05, 2019 in the Queens borough of New York City. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.