今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)のジュニア女子ダブルス準決勝で、第3シードの川口夏実(日本)/アドリエン・ナギー(ハンガリー)は第5シードのカミラ・バリトン(ラトビア)/オクサーナ・セレクメテバ(ロシア)に5-7 6-2 [7-10]で競り負けた。試合時間は1時間11分。

 試合は雨天により、室内コートで行われた。

 ナギーと川口は、今回が7度目のダブルス出場。1月の全豪ジュニアでコンビ初優勝を飾ったあと、5月のミラノ(ITFグレードA/クレーコート)でもタイトルを獲得していた。

 今大会での川口/ナギーは、1回戦でダリア・フレイマン/マリア・ティモフェーワ(ともにロシア)を6-4 6-4で、2回戦でキャロル・モネ(フランス)/ダルヤ・セメニスタヤ(ラトビア)を6-1 6-0で、準々決勝ではカイーサ ウィルダ・ヘンネマン(スウェーデン)/アレクサンドラ・ベシッチ(ドイツ)を6-2 6-3で破って4強入りを決めていたいた。

 シングルスに第6シードで出場していた川口は、1回戦でガーランド・ジョアンナ(台湾)に4-6 6-1 3-6で敗れていた。

 バリトン/セレクメテバは決勝で、メロディ・コラード(カナダ)/ホン イ コディ・ウォン(香港)を7-5 4-6 [12-10]で破って勝ち上がったオバーヌ・ドロゲ/セレーナ・ヤニシェビッチ(ともにフランス)と対戦する。

USオープン・ジュニア2019|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

ジュニア女子ダブルス準決勝

○8カミラ・バリトン/オクサーナ・セレクメテバ(ラトビア/ロシア)[5] 7-5 2-6 [10-7] ●9川口夏実/アドリエン・ナギー(日本/ハンガリー)[3]

○23オバーヌ・ドロゲ/セレーナ・ヤニシェビッチ(フランス)7-5 4-6 [12-10] ●30メロディ・コラード/ホン イ コディ・ウォン(カナダ/香港)

※写真は2回戦での川口夏実(左)/アドリエン・ナギー(日本/ハンガリー)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.