今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)の女子ダブルス準決勝。
 
 第4シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)がUSオープン女子ダブルスの決勝に進出し、同ペアでのグランドスラム初優勝に王手をかけた。メルテンス/サバレンカは金曜日の準決勝で、キャロライン・ドラハイド/バニア・キング(ともにアメリカ)に4-6 6-3 6-4で挽回勝ちしたのだ。

 彼女たちは日曜日に行われる決勝で、第8シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)/アシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。

USオープン2019|トーナメント表

 バーティは昨年のフラッシングメドウで、ココ・バンダウェイ(アメリカ)と組んで女子ダブルスのタイトルを獲得した。今シーズンのバンダウェイは足首の故障から回復中でまだプレーできないこともあり、バーティは自分同様元世界ランク1位でグランドスラム大会優勝者であるアザレンカとチームを組んでいる。

 今年フレンチ・オープンで4強入りしたメルテンスとサバレンカは今、それぞれ初となるグランドスラム制覇にトライすることになる。

 メルテンス/サバレンカはこれ以前の唯一の対戦だった今年3月のマイアミの準決勝で、アザレンカ/バーティを倒している。

(APライター◎ダン・ゲルストン/構成◎テニスマガジン)

※写真は準々決勝でのエリース・メルテンス(ベルギー/右)とアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ/左)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 03: Elise Mertens of Belgium (R) celebrates the point with Aryna Sabalenka of Belarus during their Women's Doubles quarterfinal match against Saisai Zheng and Yingying Duan of China on day nine of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 03, 2019 in the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.