今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)のジュニア男子ダブルス決勝で、エリオット・スピズリリー/タイラー・ジンク(ともにアメリカ)がアンドリュー・ポールソン(チェコ)/アレクサンドル・ギロフスキー(ベラルーシ)とのノーシード対決を7-6(4) 6-4で制し、地元優勝を飾った。試合時間は1時間10分。

 ジンクとスピズリリーは、今回が7度目のダブルス出場。これまでに3大会で決勝に進出し、2月のクリシウマと5月のサンタ クローチェ(ともにITFグレード1/クレーコート)でタイトルを獲得していた。

 今大会でのスピズリリー/ジンクは、1回戦で東竜平(相生学院高校)/山中太陽(西宮TC)を6-3 6-3で、2回戦でステファン・ストーチ(オーストラリア)/エリック・ヴァンシェルボイム(ウクライナ)を6-7(3) 6-1 [10-5]で、準々決勝で第7シードのアルトゥール・カゾー/アロルド・マイヨ(ともにフランス)を6-0 6-4で、準決勝では第5シードのリアム・ドラクル(カナダ)/ゴビンド・ナンダ(アメリカ)を6-7(4) 6-3 [10-7]で破って決勝進出を決めていた。

 シングルスは準々決勝と準決勝が行われ、第4シードのヨナス・フォレイティック(チェコ)と第8シードのエミリオ・ナバ(アメリカ)が決勝に進出した。

USオープン・ジュニア2019|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

ジュニア男子シングルス準決勝

○17ヨナス・フォレイティック(チェコ)[4] 7-6(4) 6-3 ●9ブランドン・ナカシマ(アメリカ)[11]

○33エミリオ・ナバ(アメリカ)[8] 6-4 6-0 ●51キャノン・キングスリー(アメリカ)

ジュニア男子シングルス準々決勝

○9ブランドン・ナカシマ(アメリカ)[11] 6-4 6-4 ●8ヴァランタン・ロワイエ(フランス)[14]

○17ヨナス・フォレイティック(チェコ)[4] 3-6 7-5 7-5 ●29ミラン・ヴェルテ(ドイツ)[Q]

○33エミリオ・ナバ(アメリカ)[8] 6-3 6-1 ●41イリ・レヘカ(チェコ)[15]

○51キャノン・キングスリー(アメリカ)7-6(3) 6-4 ●61ドミニク ステファン・シュトリッカー(スイス)

ジュニア男子ダブルス決勝

○2エリオット・スピズリリー/タイラー・ジンク(アメリカ)7-6(4) 6-4 ●31アンドリュー・ポールソン/アレクサンドル・ギロフスキー(チェコ/ベラルーシ)

写真◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.