今年最後のグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月26日~9月8日/ハードコート)のジュニア男子シングルス決勝で、第4シードのヨナス・フォレイティック(チェコ)が第8シードのエミリオ・ナバ(アメリカ)を6-7(4) 6-0 6-2で倒し、優勝を果たした。試合時間は1時間34分。

 グランドスラム・ジュニアに8大会連続出場となった18歳のフォレイティックは、今年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)とウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)でダブルスのタイトルを獲得。シングルスでは、今年6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)でのベスト16がこれまでの最高成績だった。

 今大会でのフォレイティックは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のザカリー・スヴァイダ(アメリカ)を6-3 6-3で、2回戦でルカ・ナルディ(イタリア)を6-3 6-2で、3回戦で第16シードのペーター・マック(ハンガリー)を6-1 3-6 6-2で、準々決勝で予選勝者のミラン・ヴェルテ(ドイツ)を3-6 7-5 7-5で、準決勝では第11シードのブランドン・ナカシマ(アメリカ)を7-6(4) 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 昨年のダブルス決勝でも敗れていたナバは、今年の全豪ジュニア単複と合わせてグランドスラム・ジュニアで4度目の準優勝となった。

USオープン・ジュニア2019|PHOTOアルバム

ジュニア男子シングルス決勝

○17ヨナス・フォレイティック(チェコ)[4] 6-7(4) 6-0 6-2 ●33エミリオ・ナバ(アメリカ)[8]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

※写真はヨナス・フォレイティック(チェコ)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 08: Jonas Forejtek of the Czech Republic returns a shot during his Junior Boy's Single's final match against Emilio Nava of the United States on day fourteen of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 08, 2019 in the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.