国内開催のWTAツアー公式戦「花キューピット・ジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」(WTAインターナショナル/広島県広島市・広域公園テニスコート/本戦9月9~15日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、加藤未唯(ザイマックス)/ストーム・サンダース(オーストラリア)が第3シードのミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)/カタリナ・スレボトニク(スロベニア)を6-4 6-3で倒し、初戦突破を果たした。試合時間は1時間18分。

 サンダースと加藤のコンビは、今大会が4度目のダブルス出場。5月のプラハとストラスブール(ともにWTAインターナショナル/クレーコート)では初戦を勝ち上がったあと、いずれも準々決勝で敗れていた。

花キューピット・ジャパンウイメンズオープン2019|トーナメント表

 昨年の大会に二宮真琴(橋本総業ホールディングス)と組んで参戦した加藤は、準優勝を飾っていた。

 シングルスの予選にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場していた加藤は、第2シードのハン・ナレ(韓国)との初戦を第2セット途中で棄権していた。

 加藤/サンダースは準々決勝で、ヘイリー・カーター(アメリカ)/柴原瑛菜(日本)と対戦する。カーター/柴原は1回戦で、チェ・ジヒ(韓国)/ハンを6-4 6-2で下しての勝ち上がり。

※写真はフレンチ・オープンでの加藤未唯(右)/ストーム・サンダース(ザイマックス/オーストラリア)
PARIS, FRANCE - MAY 29: Storm Sanders of Australia and partner Miyu Kato of Japan in their doubles match against Anna-Lena Geoenefeld of Germany and Demi Schuurs of The Netherlands during Day four of the 2019 French Open at Roland Garros on May 29, 2019 in Paris, France. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.