国内開催のWTAツアー公式戦「花キューピット・ジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」(WTAインターナショナル/広島県広島市・広域公園テニスコート/本戦9月9~15日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、第1シードの穂積絵莉(日本住宅ローン)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)がオクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)/ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)を6-3 6-4で退け、初戦を突破した。試合時間は1時間5分。

 ともに1994年生まれの二宮と穂積は、今季7度目のダブルス出場。昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では日本人ペアとして同種目で史上初のグランドスラム決勝に進出し、準優勝を果たしていた。

花キューピット・ジャパンウイメンズオープン2019|トーナメント表

 昨年の大会ではふたりがそれぞれ別のパートナーと組んで参戦し、決勝で穂積/ジャン・シューアイ(中国)が加藤未唯(ザイマックス)/二宮を6-2 6-4で破ってタイトルを獲得していた。

 穂積/二宮は準々決勝で、クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)/バレリア・サビンキ(ロシア)と対戦する。マクヘイル/サビンキは1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した岡村恭香(橋本総業ホールディングス)/清水綾乃(Club MASA)を6-4 6-3で下しての勝ち上がり。

※写真はUSオープンでの穂積絵莉(右)/二宮真琴(日本住宅ローン/橋本総業ホールディングス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.