中国・鄭州で開催されている「鄭州オープン」(WTAプレミア/9月9~15日/賞金総額150万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が第8シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)を7-5 6-2で下し、準々決勝に進出した。

 ムラデノビッチは2019年初のベスト4入りを目指し、次のラウンドで第2シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)とユリア・プティンセバ(カザフスタン)の勝者と対戦する。

 そのほかの試合では、第6シードのソフィア・ケニン(アメリカ)がアリゼ・コルネ(フランス)を6-4 6-2で下し、第7シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)はフィオナ・フェロ(フランス)に3-6 6-1 6-2に挽回勝ちをおさめ、同じくベスト8に駒を進めた。

 一方、第1シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)はポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)と対戦したが、6-3 2-5となったときに雨のため試合は翌日に順延となった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)、8月ワシントンDCで撮影
WASHINGTON D.C. , AUGUST 02: KRISTINA MLADENOVIC (FRA) during day 5 match of the 2019 Citi Open on August 2 ,2019 at Rock Creek Park Tennis Center in Washington D.C. (Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.