•  国内開催のWTAツアー公式戦「花キューピット ジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」(WTAインターナショナル/広島県広島市・広域公園テニスコート/本戦9月9~15日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第2シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)が第8シードのラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-3 4-6 6-2で倒し、ベスト4進出を果たした。試合時間は2時間11分。

     世界ランク48位のクデルメトワは、今大会に初出場。日本では昨年3月にツアー下部の2大会でプレーし、横浜(ITF2.5万ドル/ハードコート)でタイトルを獲得した。

    花キューピットジャパンウイメンズオープン2019|トーナメント表

     両者は今回が初対戦。22歳のクデルメトワがWTAツアーのシングルスで4強入りしたのは、今年6月のスヘルトーヘンボス(WTAインターナショナル/グラスコート)に続いて2度目となる。

     今週のクデルメトワは、1回戦でバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)を6-1 6-4で、2回戦ではクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を7-6(1) 7-5で破って勝ち上がっていた。

     クデルメトワは準決勝で、日本の土居美咲(ミキハウス)と対戦する。土居は準々決勝で、第7シードのサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を7-5 6-1で下しての勝ち上がり。

    ※写真はウインブルドンでのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)
    LONDON, ENGLAND - JULY 01: Veronika Kudermetova of Russia plays a forehand in her Ladies' Singles first round match against Ysaline Bonaventure of Belgium during Day one of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 01, 2019 in London, England. (Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

    This article is a sponsored article by
    ''.