国内最大のWTAツアー公式戦「東レ パン・パシフィック・オープン」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/本戦9月16~22日/賞金総額82万3000ドル/ハードコート)の本戦5日目はシングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定だったが、降雨によりシングルス1試合のみが終了した。

 シングルスは、第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が第5シードのマディソン・キーズ(アメリカ)の途中棄権でベスト4進出を決めたが、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)とワイルドカード(主催者推薦枠)の土居美咲(ミキハウス)の試合は第1セット途中で降雨により順延となった。

 ダブルスでは、ナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)とシェイ・スーウェイ/シェイ・ユーチェ(ともに台湾)の準決勝が同じく第1セット途中で中断し、順延されることが決まった。

 そのほか予定されていたシングルス準々決勝とダブルス準決勝1試合はキャンセルとなり、翌日に延期となった。

 東レ パン・パシフィック・オープンはWTAツアー・プレミアに格付けされる大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

 9月21日(土)は12時00分から、シングルス準々決勝残り3試合と準決勝2試合およびダブルス準決勝2試合と決勝が行われる予定。

東レ パン・パシフィック・オープン2019|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Ret.は途中棄権

センターコート

第1試合|シングルス準々決勝

○24アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[4] 6-4 4-6 2-1 Ret. ●17マディソン・キーズ(アメリカ)[5]

第2試合|シングルス準々決勝

28土居美咲(日本/ミキハウス)[WC] 0-2 順延 30アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)

第3試合|シングルス準々決勝

1大坂なおみ(日本/日清食品)[1] 延期 7ユリア・プティンセバ(カザフスタン)

第4試合|シングルス準々決勝

12カミラ・ジョルジ(イタリア)延期 16エリース・メルテンス(ベルギー)[9]

コート1

第1試合|ダブルス準決勝

4シェイ・スーウェイ/シェイ・ユーチェ(台湾)6-5 順延 6ナディヤ・キッシャノック/アビゲイル・スピアーズ(ウクライナ/アメリカ)

第2試合|ダブルス準決勝

9土居美咲/日比野菜緒(ミキハウス/ブラス)延期 16チャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(台湾)

※写真は雨の降るセンターコートの様子
OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 20: Spectators react after the announcement of the cancellation of all the matches during day five of the Toray Pan Pacific Open at Utsubo Tennis Cent on September 20, 2019 in Osaka, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.