9月30日(月)に東京・有明で始まる国内最大の男子テニス国際大会「楽天ジャパンオープン」に出場を予定していた錦織圭(日清食品)が、右肘のケガにより欠場することになった。大会を主催する日本テニス協会が21日早朝に発表した。

 また、この発表に続く形で、10月14日(月)にユニクロが開催を予定していたチャリティテニスマッチ「UNIQLO LifeWear Day Tokyo」への欠場も、同社が発表した。錦織はそこでロジャー・フェデラー(スイス)との対戦が予定され、9月21日(土) 10時から一般チケット販売が始まるはずだったが、ユニクロはこれを延期するとした。今後のことは決まり次第、公式ホームページなどを通じて発表される予定。

 錦織は公式アプリに、「よいニュースと悪いニュースがある」とメッセージを配信し、今年のフレンチ・オープン以降、悩まされてきた肘と腕の痛みについて「よくなりつつあるが100%の状態になく、3〜4週間の休養が必要」と医師の診断があったことを書いている。

 これにより錦織は、楽天ジャパンオープンを含むアジア・スウィング(楽天ジャパンオープン、上海マスターズ、ユニクロのエキシビションマッチ)をすべて欠場することになる。

※写真は錦織圭(日清食品)、8月のUSオープンで撮影
FLUSHING MEADOW, NY - AUGUST 28: Kei Nishikori (JPN) hitting a backhand during his 2nd round match at the US Open, on August 28, 2019, played at the Billie Jean King Tennis Center, Flushing Meadow, NY. (Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.