国内唯一のATPツアー公式戦「楽天ジャパンオープン」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月30日~10月6日/賞金総額204万6340ドル/ハードコート)の予選2日目は、シングルス予選決勝4試合とダブルス予選決勝1試合が行われた。

 シングルス予選は16ドローで争われ、第1シードのパブロ・アンドゥハル(スペイン)、第3シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)、第5シードのアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)、ワイルドカード(主催者推薦枠)の内山靖崇(北日本物産)の4人が本戦入りを決めた。

 ダブルスでは、第1シードのディビジ・シャラン(インド)/オーサム・シタック(ニュージーランド)が第2シードのサンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)/アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)を7-6(4) 7-6(5)で破り、予選を突破した。

 楽天ジャパンオープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

 9月30日(月)から本戦がスタートする。初日は11時00分から、男子シングルス1回戦5試合と男子ダブルス1回戦2試合が予定されている。

楽天ジャパンオープン2019|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

シングルス予選決勝

○1パブロ・アンドゥハル(スペイン)[1] 7-5 6-4 ●4クォン・スンウ(韓国)[6]

○7内山靖崇(日本/北日本物産)[WC] 6-3 6-4 ●6マルセル・グラノイェルス(スペイン)

○9ジョン・ミルマン(オーストラリア)[3] 7-6(5) 6-1 ●11伊藤竜馬(日本/北日本物産)[WC]

○16アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)[5] 6-3 7-6(0) ●14ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)

ダブルス予選決勝

○1ディビジ・シャラン/オーサム・シタック(インド/ニュージーランド)[1] 7-6(4) 7-6(5) ●4サンティアゴ・ゴンサレス/アイサムウルハク・クレシー(メキシコ/パキスタン)[2]

※写真はシングルス予選を突破した内山靖崇(北日本物産)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.