9月末、都内のテニスコートでダンロップの新作テニスラケットSXシリーズの発表会が行われた。12月11日に発売されるこのモデルの最大の特徴は、打点のばらつきによる弾道のブレを自動的に補正する“弾道修正機能”だ。

 フェースのトップ部にストリングの可動量と可動方向が異なる2種類の楕円グロメット10個を配置することで、スイートスポットから外れたボールの食いつきとストリングのスライドを最適化。実際に打ってみると、スピンをかけたボールがしっかりボールがコートに収まり、コントロールしやすいと感じた。

 イベントには女子ではセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)やココ・ガウフ(アメリカ)、男子ではステファノス・チチパス(ギリシャ)のコーチを務めるパトリック・ムラトグルー(フランス)も登場。実際に参加者とともにSXシリーズの打ち心地を確かめた。

画像: SXシリーズの打ち心地を確かめるムラトグルー

SXシリーズの打ち心地を確かめるムラトグルー

「今はすべての選手がトップスピンを使う時代。このラケットは強く打っても、ボールをコートに収めることができる。つまり、トップスピンでアグレッシブに、かつミスなく戦えるということ。これは現代テニスでキーになる」と絶賛した。また、そのデザインについても言及している。

「皆さんはそう思わないかもしれないが、どんな選手にとってもラケットのデザインはとても大事なこと。これはロゴがクリアで、シンプルかつ格好いい」と選手のデザインに関するこだわりにも触れた。

画像: 試打会で使用されたSXシリーズ

試打会で使用されたSXシリーズ

This article is a sponsored article by
''.