国内唯一のATPツアー公式戦「楽天ジャパンオープン」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月30日~10月6日/賞金総額204万6340ドル/ハードコート)の本戦4日目は、男子シングルス2回戦残り4試合と男子ダブルス準々決勝残り3試合が行われた。

 シングルスは、第3シードのダビド・ゴファン(ベルギー)、予選勝者のジョン・ミルマン(オーストラリア)、ワイルドカード(主催者推薦枠)のダニエル太郎(エイブル)、チョン・ヒョン(韓国)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 ダニエルがATPツアーで8強入りしたのは今年5月のジュネーブ(ATP250/クレーコート)以来で9度目だが、ATP500の大会では初となる。

 前日に勝ち上がりを決めた内山靖崇(北日本物産)にダニエルが続いたことで、大会史上初めて複数の日本人選手が準々決勝に勝ち進んだ。これはATP500の大会では初の快挙となる。

 ダブルスでは、ニコラ・メクティッチ/フランコ・シュクゴール(ともにクロアチア)、ドミニク・イングロット(イギリス)/オースティン・クライチェク(アメリカ)、ルカ・プイユ(フランス)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)が準決勝進出を決めた。

 楽天ジャパンオープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

 10月4日(金)は11時00分から、男子シングルス準々決勝4試合と男子ダブルス準決勝1試合が行われる予定。

楽天ジャパンオープン2019|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト

コロシアム

第1試合|男子シングルス2回戦

○31ダニエル太郎(日本/エイブル)[WC] 6-4 7-6(3) ●29ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)

第2試合|男子シングルス2回戦

○27ジョン・ミルマン(オーストラリア)[Q] 6-3 6-2 ●26ロイド・ハリス(南アフリカ)[SE]

第3試合|男子シングルス2回戦

○9ダビド・ゴファン(ベルギー)[3] 7-6(5) 7-6(2) ●11デニス・シャポバロフ(カナダ)

第4試合|男子シングルス2回戦

○14チョン・ヒョン(韓国)6-4 3-6 6-1 ●16マリン・チリッチ(クロアチア)[6]

第5試合|男子ダブルス準々決勝

○9ドミニク・イングロット/オースティン・クライチェク(イギリス/アメリカ)7-6(6) 7-6(6) ●12マテ・パビッチ/ブルーノ・ソアレス(クロアチア/ブラジル)[4]

楽天カードアリーナ

第1試合|男子ダブルス準々決勝

○8ルカ・プイユ/ヤン レナード・ストルフ(フランス/ドイツ)3-6 6-4 [11-9] ●5ラジーブ・ラム/ジョー・ソールズベリー(アメリカ/イギリス)[3]

第2試合|男子ダブルス準々決勝

○2ニコラ・メクティッチ/フランコ・シュクゴール(クロアチア)6-4 5-7 [11-9] ●3ロハン・ボパンナ/デニス・シャポバロフ(インド/カナダ)

※写真はダニエル太郎(エイブル)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA


This article is a sponsored article by
''.