2001年にウインブルドン・チャンピオンとなったゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)が、2020年国際テニス名誉の殿堂入りのファン投票でもっとも多くの票を集めた。この結果でイバニセビッチは、ジャーナリスト、歴史家、殿堂メンバーによる公式の投票グループによる結果に、3%上乗せのボーナスを得ることになる。

 水曜日に公表されたファン投票の結果、1994年ウインブルドン・チャンピオンのコンチタ・マルチネス(スペイン)が2位、グランドスラム大会のダブルスで9度優勝したヨナス・ビヨルクマン(スウェーデン)が3位となった。マルチネスは2%、ビヨルクマンは1%上乗せのボーナスを得る。

 2020年殿堂のほかの候補の中には、2度フレンチ・オープンで優勝したセルジ・ブルゲラ(スペイン)がいる。

 最終的な結果は、2020年1月のオーストラリアン・オープンの最中に発表される。殿堂入りのセレモニーは、同年7月18日に行われる予定だ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真右はゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)、左はノバク・ジョコビッチ(セルビア)、6月30日撮影
LONDON, ENGLAND - JUNE 30: Novak Djokovic of Serbia (L) speaks with Goran Ivanisevic during a practice session ahead of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 30, 2019 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.