WTAツアー公式戦の「チャイナ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/中国・北京/9月28日~10月6日/賞金総額828万5274ドル/ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)がフレンチ・オープン優勝ペアで第2シードのティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-3 6-4で倒す金星を挙げ、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間13分。

 柴原と青山は、今大会が4度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ8月のサンノゼ(WTAプレミア/ハードコート)では、準優勝していた。

チャイナ・オープン2019|PHOTOアルバム

 両親ともに日本人ながら南カリフォルニアで生まれ育った柴原は、今年6月に国籍をアメリカから日本に変更した。ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスでタイトルを獲得した実績を持っている。

 WTAプレミア・マンダトリーの大会に柴原が出場するのは、今回が初となる。

 今大会での青山/柴原は、1回戦でアンナ・ブリンコワ(ロシア)/レナタ・ボラコバ(チェコ)を6-4 6-4で、2回戦では第6シードのチャン・ハオチン/チャン・ラティーシャ(ともに台湾)を7-5 6-4で破って8強入りを決めていた。

 青山/柴原は準決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のソフィア・ケネン/ベサニー・マテック サンズ(ともにアメリカ)と対戦する。ケネン/マテック サンズは準々決勝で、第5シードのアンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)/デミ・シヒュース(オランダ)を2-6 6-4 [10-8]で下しての勝ち上がり。

※写真は青山修子(左)/柴原瑛菜(近藤乳業/橋本総業ホールディングス)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 03: Shuko Aoyama of Japan and Ena Shibahara of Japan return a shot during their Women's doubles Quarterfinal match of 2019 China Open against Timea Babos of Hungary and Kristina Mladenovic of France at the China National Tennis Center on October 3, 2019 in Beijing, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.