ATPツアー公式戦の「チャイナ・オープン」(ATP500/中国・北京/9月30日~10月6日/賞金総額366万6275ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、ジョン・イズナー(アメリカ)が21本のサービスエースを刻み、ダニエル・エバンズ(イギリス)を7-6(3) 7-5で倒した。

 イズナーは次の準々決勝で、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは1セットダウンから挽回し、前年度覇者のニコラス・バシラシビリ(ジョージア)を4-6 6-3 6-2で退けた。

「第2セットと第3セットでは、すごく心地よくプレーできた」とチチパスは振り返った。

「リターンもサービスもよかったし、すべてをうまくできていたと思うよ」

 第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)もまた、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を6-3 6-1で下して8強入りを決めた。彼の次の相手となるサム・クエリー(アメリカ)は、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に7-6(2) 6-7(6) 6-3で競り勝った。

 第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は金曜日に、元世界ランク1位のアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは1月に腰の手術を受けて以来ATPツアーで初めて2試合連続で勝ち、ベスト8入りしていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はステファノス・チチパス(ギリシャ)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 03: Stefanos Tsitsipas of Greece in action against Nikoloz Basilashvili of Georgia during the Men's singles second round of 2019 China Open at the China National Tennis Center on October 3, 2019 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.