国内唯一のATPツアー公式戦「楽天ジャパンオープン」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月30日~10月6日/賞金総額204万6340ドル/ハードコート)は大会最終日を迎え、単複の決勝が行われた。

 シングルス決勝は、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が予選から勝ち上がってきたジョン・ミルマン(オーストラリア)を6-3 6-2で下し、今季4度目の優勝を果たした。試合時間は1時間9分。

 ツアーでジョコビッチがタイトルを獲得したのは、7月のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)以来で通算76回目となる。初参戦の大会を制したのは、2017年のイーストボーン(ATP250/グラスコート)に続き10度目となった。

 今大会に初めて出場した32歳のジョコビッチは、4回戦を途中棄権したUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)以来の大会に臨んでいた。

 ダブルス決勝は、第2シードのニコラ・マウ/エドゥアール・ロジェ バセラン(ともにフランス)がニコラ・メクティッチ/フランコ・シュクゴール(ともにクロアチア)を7-6(7) 6-4で倒し、全試合ストレート勝利でタイトルを獲得した。

 楽天ジャパンオープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われた。

楽天ジャパンオープン2019|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

コロシアム

第1試合|男子ダブルス決勝

○16ニコラ・マウ/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)[2] 7-6(7) 6-4 ●2ニコラ・メクティッチ/フランコ・シュクゴール(クロアチア)

第2試合|男子シングルス決勝

○1ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-3 6-2 ●27ジョン・ミルマン(オーストラリア)[Q]

画像: (右から)ダブルス優勝のエドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)、ニコラ・マウ(フランス)、準優勝のニコラ・メクティッチ(クロアチア)、フランコ・シュクゴール(クロアチア)(撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA)

(右から)ダブルス優勝のエドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)、ニコラ・マウ(フランス)、準優勝のニコラ・メクティッチ(クロアチア)、フランコ・シュクゴール(クロアチア)(撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
TOKYO, JAPAN - OCTOBER 06: Novak Djokovic of Serbia poses for photographs with the trophy after the Singles final against John Millman of Australia on day seven of the Rakuten Open at the Ariake Coliseum on October 06, 2019 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.