ATPツアー公式戦の「チャイナ・オープン」(ATP500/中国・北京/9月30日~10月6日/賞金総額366万6275ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対決することになった。

 ティームは第4シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)に対する準決勝で第1セットを落としたが、怒濤の盛り返しを見せて2-6 7-6(5) 7-5で勝利をもぎ取った。

チャイナ・オープン2019|PHOTOアルバム

「あのセットを落としたときにはがっかりしたが、それでもそう悪いプレーをしている訳ではないと感じていた。僕はもう少しだけ、余計にアグレッシブにならなければいけなかったんだ」とティームは振り返った。彼は金曜日の準々決勝で、アンディ・マレー(イギリス)を倒していた。

「今日のカレンは特別にいいプレーをしていたから、自分が試合を通して死に物狂いで戦えたことを本当に誇りに思う」

 チチパスはこの日最後に行われた試合で、第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を7-6(6) 6-4で倒して決勝進出を決めた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はドミニク・ティーム(オーストリア)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 05: Dominic Thiem of Austria celebrates after defeating Karen Khachanov of Russia during the Men's singles Semifinals of 2019 China Open at the China National Tennis Center on October 5, 2019 in Beijing, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.