WTAツアー公式戦の「チャイナ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/中国・北京/9月28日~10月6日/賞金総額828万5274ドル/ハードコート)の女子シングルス決勝で、第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)を3-6 6-3 6-2で振りきり、キャリア初となる2大会連続優勝を果たした。試合時間は1時間50分。

 ツアー大会で大坂がタイトルを獲得したのは、2週間前の大阪(WTAプレミア/ハードコート)に続いて5度目となる。WTAツアー最高格付けのプレミア・マンダトリー大会では、2度目の栄冠に輝いた。

 チャイナ・オープンに4年連続出場となった大坂は、2度目の本戦で初勝利を挙げた昨年の大会で4強入り。準決勝では、アナスタシア・セバストワ(ラトビア)に4-6 4-6で敗れていた。

チャイナ・オープン2019|PHOTOアルバム

 この結果で大坂は、バーティとの対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。両者は昨年2度対戦しており、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦は大坂が6-4 6-2で、6月のノッティンガム(WTAインターナショナル/ハードコート)の準決勝ではバーティが6-3 6-4で勝っていた。

 今大会での大坂は、1回戦でジェシカ・ペグラ(アメリカ)を6-3 7-6(5)で、2回戦では予選勝者のアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)を6-2 6-0で、3回戦で前週の武漢(WTAプレミア5/ハードコート)で準優勝を果たしたアリソン・リスク(アメリカ)を6-4 6-0で、準々決勝で第5シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)を5-7 6-3 6-4で、準決勝では前年覇者で第16シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を6-4 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 今シーズンの大坂は、1月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成して世界ナンバーワンの座に就いた。USオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では、4回戦でベリンダ・ベンチッチ(スイス)に敗れて連覇を逃していた。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 06: Naomi Osaka of Japan celebrates after winning the Women's singles final match against Ashleigh Barty of Australia on day 9 of the 2019 China Open at the China National Tennis Center on October 06, 2019 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.