ATPツアー公式戦の「楽天ジャパンオープン」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/9月30日~10月6日/賞金総額204万6340ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝。
 
 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は東京で、これよりよい大会デビューは望めなかったことだろう。
 
 日本の首都で初めてプレーした第1シードのジョコビッチは、予選から勝ち上がってきたジョン・ミルマン(オーストラリア)を6-3 6-2で倒し、ツアーレベルの大会で10度目となる初出場大会での優勝を果たした。

楽天ジャパンオープン2019|トーナメント表

 世界ランク1位のジョコビッチは有明コロシアムでの5試合で1セットも落とさず、もっとも競ったセットはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した日本の添田豪(GODAI)に対する2回戦の「7-5」だった。

 第5シードのルカ・プイユ(フランス)、2017年覇者で第3シードのダビド・ゴファン(ベルギー)、そしてミルマンに対する最後の3試合で、ジョコビッチは合わせて15ゲームしか落としていない。

「週を通してセットを落とさなかったから、僕は素晴らしいテニスをプレーしたってことだ」とジョコビッチは胸を張った。彼の次の大会は、上海マスターズだ。

「ここでは、指摘できるネガティブな点はあまりなかった。だから大きな自信をもって上海に向かうよ。そして、今年をこのような形で終えられるよう願っている」

This article is a sponsored article by
''.