ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「ゴーセンカップ スウィングビーチ 牧之原国際レディースオープンテニストーナメント」(ITFワールドテニスツアーW25/静岡県牧之原市・静波リゾート スウィングビーチ/10月7~13日/賞金総額2.5万ドル/砂入り人工芝コート)の大会2日目は本戦が始まり、女子シングルス1回戦3試合と女子ダブルス1回戦5試合が行われた。

 シングルスは、華谷和生(三浦工業)が小関みちか(橋本総業ホールディングス)を6-0 6-2で、田中優季(安藤証券)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した元世界ランク40位の森田あゆみ(安藤証券)を6-3 2-6 6-4で、森崎可南子(橋本総業ホールディングス)はワイルドカードの矢田智都奈(東京学館浦安高校)を3-6 6-2 6-3で破り、それぞれ2回戦に駒を進めた。

 ダブルスでは、第1シードのエウディス・チョン(香港)/アルディラ・ストジアディ(インドネシア)、第2シードの林恵里奈(福井県スポーツ協会)/小堀桃子(橋本総業ホールディングス)、第3シードの鮎川真奈(エームサービス)/本玉真唯(島津製作所)、カリン・ケネル(スイス)/牛島里咲(マサスポーツシステム)、川村茉那(フジキン)/坂詰姫野(橋本総業ホールディングス)が初戦を突破した。

 予選決勝も行われ、第4シードの相川真侑花(テニスユナイテッド)、第5シードの松本安莉(山梨学院大学)、第7シードの光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)、第8シードの小林ほの香(フリー)、第12シードの小池颯紀(園田学園女子大学)、第13シードの岸上歌華(姫路大学)、第16シードの首藤みなみ(スポーツクリエイト)、長谷川茉美(伊予銀行)の8人が本戦入りを決めている。

 10月9日(水)は9時30分から、女子シングルス1回戦残り13試合と女子ダブルス1回戦残り3試合が行われる予定。

2019年 女子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

女子シングルス1回戦

○13田中優季(安藤証券)6-3 2-6 6-4 ●14森田あゆみ(安藤証券)[WC]

○19華谷和生(三浦工業)6-0 6-2 ●20小関みちか(橋本総業ホールディングス)

○27森崎可南子(橋本総業ホールディングス)3-6 6-2 6-3 ●28矢田智都奈(東京学館浦安高校)[WC]

女子ダブルス1回戦

○1エウディス・チョン/アルディラ・ストジアディ(香港/インドネシア)[1] 2-6 7-6(1) [10-2] ●2高畑寿弥/吉冨愛子(フリー/アクトス)

○3カリン・ケネル/牛島里咲(スイス/マサスポーツシステム)6-3 6-3 ●4相川真侑花/本藤咲良(テニスユナイテッド/マサスポーツシステム)

○5鮎川真奈/本玉真唯(エームサービス/島津製作所)[3] 6-0 6-2 ●6芹澤佑梨/富永はるか(城南静岡中高)[WC]

○14川村茉那/坂詰姫野(フジキン/橋本総業ホールディングス)7-5 2-6 [14-12] ●13小池颯紀/松本安莉(園田学園女子大学/山梨学院大学)

○16林恵里奈/小堀桃子(福井県スポーツ協会/橋本総業ホールディングス)[2] 6-3 2-6 [10-6] ●15岸上歌華/清水映里(姫路大学/早稲田大学)

シングルス予選決勝

○4岸上歌華(姫路大学)[13] 6-3 6-3 ●2重田夢亜(与野テニスクラブ)

○8小池颯紀(園田学園女子大学)[12] 7-5 3-6 [10-6] ●5奥野彩加(フリー)[2]

○12首藤みなみ(スポーツクリエイト)[16] 6-3 4-6 [10-8] ●9吉冨愛子(アクトス)[3]

○13相川真侑花(テニスユナイテッド)[4] 6-0 6-2 ●15富永はるか(城南静岡中高)[WC]

------

○17松本安莉(山梨学院大学)[5] 6-2 6-3 ●20高畑寿弥(フリー)[10]

○23長谷川茉美(伊予銀行)7-5 6-4 ●21川村茉那(フジキン)[6]

○25光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)[7] 6-1 6-0 ●28川岸七菜(フリー)[9]

○29小林ほの香(フリー)[8] 6-2 4-6 [11-9] ●31中島美夢(亜細亜大学)

※写真は女子シングルス1回戦で敗れた森田あゆみ(安藤証券)
写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会


This article is a sponsored article by
''.